ESG コンサルティング

ESG に関する世界の潮流を見る限り、ESG に関する取り組み上は、試行錯誤の末、成功も失敗もありますが、しっかりと ESG に取り組んでいる企業そのものは、新しいステージへの成長を成し遂げています。こうした新しい資本主義への転換が、市場からの評価を受け、ESG に対する投資として、ESG 投資が盛んになってきています。当社のコンサルティングの特徴は、これから ESG に取り組み、どのように ESG 金融を取り入れるのかという企業さまに最適なプランをご提案しております。

また、ESG の情報サイトも運営中です!ぜひご覧ください。

ESG Lab

当社の ESG コンサルティングのターゲット

当社の ESG コンサルティングは、「これから ESG に取り組んでいく」、「自社でプロジェクトチームを立ち上げたが、うまく機能していない」など、ESG の初期段階のステージにある上場企業さまや、これから資金調達をする、または資金調達をしてさらなる調達を模索していて ESG に関する対応を要求されているスタートアップ企業さま向けに行っております。

ESG コンサルティングの範囲

当社の ESG コンサルティングでは、以下の領域でのご支援をしております。

  • ESG 経営の実践に向けたコンサルティング ・ご支援(極めて初期段階から、ESG ポートフォリオ選定まで)
  • ESG に必要な各種指標・評価機関などへの対応 GRI スタンダード対照表TCFD などのコンサルティング・ご支援
  • 既存株主(アセットマネジメント企業)などへの対応のコンサルティング・ご支援
  • 統合レポート(日本語版、英語版)の作成代行、素案提示、コンサルティング・ご支援
  • ESG や SDGs、サスティナビリティの領域におけるプロジェクトへの参加
  • ESG など非財務情報に関する株主総会対策、取締役への事前レクチャー
  • 社員教育を通じたコンサルティングのイグジット計画(当社のコンサルティングを段階的に内製化するご支援)
  • CVO, CSO などの代行
  • パーパス経営への対応、コンサルティング・ご支援
  • CSV の定義のコンサルティング・ご支援
  • マテリアリティの定義、再定義、定義の前提のデータ集計、提示などのコンサルティング・ご支援
  • 脱炭素(グリーンサプライチェーンマネジメントカーボンニュートラル への対応とコンサルティング・ご支援
  • ダイバーシティ確保のための、社外取締役候補のご紹介
  • 算出した数字の 正確性認証サービス
  • その他、ESG に関する一切の業務におけるコンサルティング・ご支援
  • 付帯無料サービス:SDGs コンサルティング を含む SDGs 関連業務

ESG コンサルティングの費用は、お安く品質良くをモットーにしております

月額 19,800 円のメール相談プランから、月額 50 万円/ 人月のコンサルティングプランまで、企業のニーズに合わせた価格をご提供しております。

マンパワーで集計する必要があるデータについては、人材支援を 20 万円 / 人月、コールセンターを 10 万 / 人月で承っております。

また、1 社のみでは不安というクライアントの方に向けては、セカンドオピニオンサービスを、月額 98,000 円からご案内しております。高いシステムを入れるように言われたが、本当に妥当なシステム価格で自社に必要なのか、そのシステムを入れない場合の対策など各種セカンドオピニオンにも対応しております。

更には、ESG の評価機関や ESG 関連の NGO などからのメール対応相談プランを 19,800 円からご用意し、企業さまのニーズに合わせた価格バリエーションで、対応、ご支援しております。

価格表

ESG 評価機関、ESG 関連の NGO からの問い合わせ対応(メールベース:数無制限)

月額 21,780 円
(税込)
ESG コンサルティングサービス(メールベースのみ:無制限)

月額 107,800 円
(税込)
ESG セカンドオピニオンサービス

月額 107,800 円
(税込)
ESG 調査(コールセンター:外部データ収取)

月額 110,000 円 / 人月
(税込)
ESG 調査(フルリモート:企業内データ収集)

月額 220,000 円 / 人月
(税込)
ESG コンサルティングサービス(メイン)
0.5 人月から 6 人月など規模に応じて変動します

月額 550,000 円 / 人月
(税込)
オプションサービス(ご要望に応じます)

お問い合わせください
(税込)

お見積りは無料ですので、ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

ESG コンサルティング契約(メイン)は、原則、3 ヶ月のご契約から承ります。メール相談プランなどは、1 年単位のご契約となります。調査などのコールセンター、人材支援サービスは、1 ヶ月からご契約が可能です。

年間のおおよそのご予算
ESG コンサルティングがお安い理由
ESG には多額の費用がかかるのではないですか
ESG コンサルティングの実績は

ESG に「本気」で取り組まないとダイベストメントやネガティブスクリーニングが起きる

ESG が盛んになり始め、投資する側も、ESG に本気で取り組んでいるのかを見ています。「やっているふり」は、ウォッシュと呼ばれ、環境であればグリーンウォッシュ、SDGs では、SDGs ウォッシュとされ、市場から白い目で見られ、ダイベストメントやネガティブスクリーニングが起きる可能性が高くなります。

ESG に取り組むのは、こうしたネガティブな要素だけではなく、プラスの効果として、企業価値、株主価値をロングタームで上げていくことを、投資する側との対話を通じ、実現していくことになります。

やっているふり「ウォッシュ」は、投資側だけではなく、ネット社会が当たり前の今では、SNS 上で、個人から NGO、NPO などのオピニオンリーダーたちからも評価を受けてしまう時代ですので、しっかりと取りくことが極めて重要です。

ESG に関するコンサルティングは当社にお任せください

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

匿名でのお問い合わせもお受けしておりますし、実際に作業前には NDA (秘密保持契約書)を締結してからご相談を承っております。

匿名の場合、姓名や電話番号はダミー(仮の値を入れてください)で構いません。メールアドレスのドメインで企業名を明かしたくない場合は、フリーのアドレスなどを用いてご相談ください。


ESG に関するコンサルティング会社のコラム

以下に、ESG に関する情報をまとめておりますので、お時間のある際にお読みいただければと存じます。

ESG とは
ESG 投資とは
ESG と SDGs 違い
ESG にコンサルタントは必要か
なぜ、ESG は対話を重要視するのか

ESG コンサルティングに関する FAQ

Q
ESG コンサルティングを申し込んだ場合、おいくらくらいかかりますか
A

貴社の状態に依存するため、無料のご相談を通じてお見積りをお出ししております。当社のコンサルは、50 万円/人月のため、対応する作業量により、変わりますが、コンサル 1 名の場合、12 ヶ月で 600 万円程度、2~3 名コンサルタントアサインする場合には、1,200 ~ 1,800 万円が単純計算した金額になります。但し、ボリュウームディスカウントや貴社の人員を育成しながらコンサルタント数を減らしていき、概ね、初年度で年間 600 ~ 1,000 万円程度での受注が多くなっております。次年度以降は、数字を当て込むだけの仕組みを構築しますので、月額 98,000 円のプランに移行される企業も多くございます。

Q
コンサルタントの費用が安い分、高いシステムを買わされますか
A

いいえ、原則として、ESG コンサルティングサービスを受けられる場合、高額なシステム導入は必要ございません。業種や業態により、システム導入を別案件で進めて場合、ESG 領域の数字を算出するための機能を組み込みいただく可能性はありますが、特段、現在の業務効率を改善するようなシステム導入をご検討されていない場合には、当社のご提供するコンサルティング費用に組み込まれたシステムを無償でご利用いただき、コストを大幅に削減することができます。

Q
コンサルティング費用を払うよりシステム化したほうが楽なのではないですか
A

例えば、STB に対応するため、高額なシステムを用いて、最初から見える化、自動化を図ることは業務効率を上げることができます。しかし、高額なシステムを用いて、単純作業で算出したデータよりも、ある程度マンパワーで収集したデータは、ESG の中核部分を、貴社の担当者が理解する上で「学びの場」になると当社は考えており、人材の育成やコンサルティングサービスのイグジット計画としても有益だと考え、システム導入は、一旦は手作業でやってみることを推奨しております。その後、必要に応じて、システム化を図るのが妥当だと判断しております。

Q
人手不足でマンパワーを用いることができません
A

コンサルタントの人月単位の費用は、50 万円ですが、アシスタント(マンパワーで ESG 関連のデータ収集作業を行う人材)は、月額 20 万円程度でご用意が可能です。一般的な派遣会社で事務員を雇うよりもお安くご提供しており、人手不足でお悩みの企業においても、アウトソースすることで、問題の解消ができます。その場合においても、コンサルタントやコンサルのアシスタントが用いたデータ収集、集計方法などのノウハウを、適宜ご提供しておりますので、自社にノウハウが残らないということはありません。また、コールセンター も持ち合わせているため、アンケート収集など大量な架電が必要な場合でも、柔軟に対応しております。

Q
集計したデータを開示前に正しいかどうかどのようにチェックしますか
A

二つの方法があり、一つは監査法人における監査後の認証、または当社の F-Lab (FOSCHIA 総合研究所)による認証の二つがございます。F-Lab の場合、ESG コンサルティングを実行したコンサルタント以外の独立した組織体制である F-Lab の研究員がその妥当性をチェックし、数字の正確性を認証いたします。

Q
ESG コンサルティングを受けることで株価や時価総額は上がりますか
A

ESG コンサルティングを提供しているすべての会社が同じ回答になると思いますが、「わからない」というのが本音です。何故なら、ESG の指標を開示し、それを評価するのは金融市場であり、そもそも自社の株式の流動性や PER、その他の業績、そして金融市場を取り巻く環境(地政学的要因や為替相場、先物取引の状況など)にも影響を受けるからです。

しかし、ESG はそもそも論として、長期保有による安定収益源の確保を求める投資家に魅力を与えて、「対話」を通じて関係性を構築していくものですので、その「対話」の仕方のアドバイスなどをコンサルティングさせていただき、株主、投資機関や個人投資家などとの末永いお付き合いをご支援いたします。

Q
ESG に関して情報収集をしている段階ですが、安価にご依頼できますか。
A

はい、可能です。

しかし、ESG は、長期保有による安定収益源の確保という前提がある以上、他社に先を越されると、なかなか ESG 投資の恩恵を受けるには、既存の ESG ポートフォリオの見直しを投資機関、特にアセットマネージャーに促す必要があり、そう簡単にはポートフォリオ変更に応じてもらえないことからも、早急に取り組むべきだと、当社はすべてのクライアントにお伝えしております。

従いまして、ESG に少しでも関心がある場合には、いち早く お問い合わせ ください。

Q
ESG コンサルティングではなく、自社のみでやりたいのですが、アドバイスだけ欲しいです
A

はい、月額 98,000 円〜でアドバイザリー契約をしております。但し、原則としてメールベースになります。ご訪問や定例会への参加は、198,000 円(プラス交通費実費)となります。

Q
コンサルティングとアドバイザリー契約の違いは何ですか
A

アドバイザリーは、言葉の通り助言をするのみとなり、方向性や自社で実行する方法が適切かどうかだけ判断いたします。コンサルティング契約の場合には、最終的なゴールである ESG 情報の開示と ESG 金融の取り込みに焦点を当て、利用する指標の選定から、算出論拠の抽出、データの加工など一連の流れを、現場の方と二人三脚で進めていくものになります。

お問い合わせしてみる