企業概要

会社名FOSCHIA JAPAN株式会社(フォスキアジャパン)
所在地〒100-6213
東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス13階
なお、ご来訪はご遠慮いただいております。
ご来訪の際はセキュリティの観点から、担当者より、予め入館証の発行をご依頼ください。
代表者代表取締役 CEO 長谷川 幸世
設 立2016 年 2 月
加盟団体・資格国連グローバル・コンパクト加盟
TCFD サポーター
全省庁統一入札資格保有
主たる事業ESG や SDGs を主軸とするコンサルティング事業・SDGs を推進するメディア事業・ESG 関連の BPO 事業
取引実績Google, SoftBank, 楽天, GMO, DeNA, ニュートン(パセラグループ), リーブ21
埼玉県, 長瀞観光協会, 新世界町会連合会, 鴻巣商工会議所, 金沢商工会議所, 京都市商工会議所, 高松市, 鴻巣市, ほか多数
電話番号代表電話は、官公庁及びコンサルティング契約先(電話オプション付き)のみに開示しております。
お電話でのお問い合わせは、原則としてお受付しておりません。
連絡先お問い合わせフォーム からご連絡ください。
その後は、メールまたはその他のコミュニケーションツールで業務のやり取りを致します。
顧問弁護士法律事務所First Penguin 加藤 弘一弁護士

代表者ご挨拶

私たちは、創業時から、社会貢献を主たる目的として、事業を展開して参りました。

株式会社という営利目的で存在する法人であるにも関わらず、時には、採算度外視で、無償でサービスをご提供するなど、お客様の金銭的な事情を考慮し、お客様が実現したいことを、伴走しながらお手伝いしております。

また、国連グローバル・コンパクトに加盟し、ESG や SDGs を始めとした、持続可能な開発を通じて、理想の社会の構築を目指し、日々奮闘しながら、小さな者でも、声を上げ、行動に移し、理想を現実のものとすることを本位としている点について、特殊な会社であるのではないかと考えております。

私たちの強みは、挫折からの立ち直りを通じて蓄積してきた「生き抜く力」です。

この生き抜く力があるからこそ、持続可能な開発ができるのであり、私たちがご提供するサービスに付加価値を生み出します。

紆余曲折を経て得た生き抜く力は、コンサルティングを行う上で、私たち独自のソリューションを導き出すことに役立ち、お客様目線での問題解決をすることを支える基盤でもあります。

人生も会社も成功だけではなく、多くの失敗を経験するものだと思います。

その失敗の積み重ねで、夢や希望を抱けなくなったときこそ、私たちにご相談いたださい。

お客様が、また、夢や希望に向かって歩みだしていけることが、私たちにとり、何よりも嬉しいご褒美となります。

お困りのことがあれば、ぜひ、お気軽にご連絡いただければと存じます。

それが、私たちの ESG 経営です。


FOSCHIA JAPAN について

~なぜ、社会貢献を追求するのか~

私たちは、不思議なことに生きている。

運命のように今の時代に生まれ、無垢な幼少期を経て、大人になるにつれて、もっと不思議なことを感じ始める。

それは、決して誰もが幸せに暮らしているとは言いづらい、解決するのを諦めてしまうほど巨大な問題の山が連なってる今の時代と人類、そして環境が複雑に絡み合った世の中。

誰もが、普通に望んでいる自由と平和を謳歌できる世の中が、不思議なことに、今目の前にはない。

そして、もっと不思議なのが、完全な解決を、人類の全員が試みていないこと。

いつの時代においても、不思議なことを紐解こうとする先人たちがいた。

不思議なことは、多くの場合、学問として数学・物理学・生物学・宇宙学といった理系なものから、言語・哲学といった文系なものまで樹立していき、私たちの暮らしを豊かなものに進化させてきた。

だったら、私たちも先人たちを見習い、自由と平和を謳歌できない世の中のからくりを紐解き、誰もが笑って暮らせる世の中を創るべきなのではと思い、社会貢献を通じて、笑顔の数を増やしていきたい。

そして、誰もが、夢や希望を抱き、公平なチャンスのもとで、人生を豊かに暮らしてほしい。

そんな世の中を目指し、小さいかも知れないけど、無力ではない「人間力」を活かし、日々、社会のために、私たちは歩んでいます。


  1. 2016 年 2 月

    会社設立。

  2. 2016 年 5 月

    オランダで開催された「Google ストリートビューサミット」に参加。

  3. 2017 年 5 月

    Google ストリートビュー撮影件数が、創業からわずか 1 年 2 ヶ月で、10,000 件を突破。

  4. 2017 年 7 月 

    上場企業と合弁会社設立を目指し、10 億円の投資話を受けるが頓挫。第一の挫折。

  5. 2018 年 ~ 2019 年

    投資話をまともに捉えて設立した合弁会社の後処理に追われ、闇の時代を過ごす。

  6. 2019 年 10 月

    国連グローバル・コンパクト加盟。ESG、SDGs 関連コンサルティングを本格化。

  7. 2020 年 4 月

    COVID-19 の影響で、ほぼすべての新規案件が頓挫。第二の挫折。

  8. 2020 年 12 月

    闇の時代から、二期連続の増収増益を達成。

  9. 2021 年 1 月 ~

    COVID-19 の緊急事態宣言などの影響で、再度、ほぼすべての新規案件が再度無期限延期。第三の挫折。

  10. 2021 年 7 月

    事業を大幅に見直し、新しい事業計画を策定。第二の創業と位置づけ。

    事業所を六本木から、東京丸の内へ移転。

  11. 2022 年 3 月

    アメリカ、テキサス州オースティンで開催された SXSW に出展。

  12. 2022 年 4 月

    ESGSDGs コンサルティング先が、1,000 を超える(個人、企業、団体、行政を含む)


アクセス


各種ポリシー